松子連の活動目的


松子連の正式名称は「松阪市子ども会育成指導者連合協議会」です。
昭和44年10月に発足しました。                

会則で以下のとおり目的と事業を定めています。          

松阪市内の子ども会育成指導者の充実発展、並びに相互の連絡調整を
図り、子ども会を健全に育てることを目的とする。         
そのために、次の事業を行う。                  

(1)子ども会相互の情報交換及び連絡              
(2)研修会、講習会の開催                   
(3)リーダーの養成                      
(4)組織を広める運動                     
(5)他団体及び関係諸機関との連絡協調…など          






松子連のねらい
〜平成22年度通常総会資料「活動方針」から




 平成22年度の事業計画案はお示しの主催事業計画に沿って遂行してまいります。しかし、市の補助金だけでは事業費の捻出が困難なため、本年も素麺の販売をご協力いただくと共に、各事行の参加費をいただいて実施いたします。
 松子連は、皆様の涙ぐましい努力のおかげで継続してまいりました。
 しかし、これからは市の補助金も減額の方向にあり、油断ならない状況にあります。
 保護者の皆様並びに子どもたちに並程度の満足を供給するためには参加費の増額をお願いしなければ実行できないのではないかと懸念しています。松子連は発足当時から「子どもたちを磨けば宝になる、必ず社会人になったら世のため、人のために奉仕の出来る立派な人間になってもらいたい」と心から祈って奉仕活動を続けてまいりました。世の中は厳しく、冷たいですが心と身体を鍛えて強い人間になってくれれば世の荒波は乗り越えられると信じています。
松子連は少しでもお手伝いが出来ればこんな嬉しいことはありません。それを信じて松子連は今後も努力いたします。